ノザキ株式会社は、愛知県名古屋市を中心とした上下水道指定工事店です。水質検査(分析測定業務)・清掃業務・廃棄物業務・設備工事業務など。
貯水槽清掃
社長挨拶
業務内容
よくあるご質問
採用情報
お問い合わせ
 
名古屋市認定エコ事業所マーク
 
名古屋市認定エコ事業所
分析測定業務
分析測定業務
トップページ > 清掃業務 > 貯水槽清掃
 清掃業務 - 貯水槽清掃 -
 
貯水槽清掃で安心できる飲料水を。
貯水槽はこんなに汚れています。

 
<清掃前>
 
<清掃後>

こんな事例があります。

・貯水槽内にネズミやゴキブリの死骸や、赤サビ,藻類が発生していた。
・水道法の対象外の貯水槽は何年も放置されていたため、腐敗水がたまっていた。
・受水槽フタの穴やヒビ割れのため、雨水の流入やホコリが沈殿し、ヘドロを発生し水の殺菌力
  (残留塩素濃度)を低下させていた。
・便所などの排水が流れる汚水管が受水槽の中を通っていた。

不適正な貯水槽は44%にも!
 
  全国13000ヶ所にある10m3以上の受水槽について水道法で定期検査や清掃の義務があるにもかかわらず厚生省の調査によると44%が基準に満たなかった。

(朝日新聞 2001年6月4日より)
 
水道水を介した集団感染の事故例もあります。

クリプトスポリジウム(寄生虫の一部に属する原虫)の水道水を介した集団感染
1994年神奈川県平塚市の雑居ビルの関係者461人が感染

原因:排水ポンプの故障により汚水や雑排水が受水槽に混入 
簡易専用水道にあたるが簡易専用水道として把握されておらず管理基準に基づく管理もなされて
いなかった。
 
 
貯水槽設置者は定期的清掃の義務があります。
 
  貯水槽の義務って・・・?

貯水槽とは受水槽や(副受水槽の場合も)高架水槽も含めた名称となります。水道水は一般に、地下または、地上タンク(受水槽)に貯めた水を、ポンプで高架水槽(高置受水槽)へ上げ、そこから各蛇口へ配水しています。受水槽のみ、高架水槽のみという建物もあります。
 
貯水槽の管理はだれがやるの・・・?

水道水は受水槽に入った段階で水道局による管理の手から離れ、
その先は貯水槽の設置者や管理人の方が水の管理をすることになります。
水道法やビル管理法において貯水槽設置者・管理者は安全な水を供給する
義務があります。

10t以上の貯水槽の設置者は年に1度の定期清掃や水質検査の受検を
さだめられておりましたが、平成14年に改正され、水槽の規模にかかわらず、
年に1度の定期清掃と水質検査を行う指導がなされています。

*貯水槽の定期清掃・点検

水道本管には衛生的な水が送られてきますが、受水槽、高架水槽などが汚れて、
汚染された水が住民に給水されるケースがあります
 
 
ノザキで安全な飲料水とお得な貯水槽清掃を。
ノザキの貯水槽清掃はわかりやすくてお得です。

  ・ネットでの見積りシュミレーション

・告知チラシの作成、提示

・作業仕様は厚生大臣指定

・断水時間の短縮

・作業報告書の提出

・水質検査結果書も自社発行

*料金はどれくらい?
料金はどれくらい?というお客様の不安を解消します。おおまかな貯水槽清掃費用をご確認いただけます。お見積りは無料ですので、お気軽にお電話ください。実施地域 愛知県内

*告知チラシの作成、提示
貯水槽清掃のご依頼をいただくと、建物オーナー様に作業の工程・手順をご説明、作業日程等をご相談の上、マンション内での作業日、断水時間の告知チラシの作成し掲示致します。オーナー様、管理人様の負担の軽減をはかります。

*作業仕様は厚生大臣指定
厚生大臣指定の作業仕様に基づき貯水槽清掃をおこないます。

*断水時間の短縮
貯水槽クリーナー専用車を中心に高出力排水ポンプの汲み出し、ジェットガンを使った高圧水での洗浄など、特殊な専用機器の使用により作業時間・断水時間をできる限り短縮いたしました。

*作業報告書の提出
当社では後日作業報告書をお渡ししておりますので、清掃前後の結果をお客様の手にとってご確認いただけます。

*水質検査結果書も自社発行
水質検査結果報告書も自社発行です。
 
 
貯水槽清掃で建築物の資産価値の維持を
 
 
異常気象による給水制限や、農薬、合成洗剤等による汚染が水まわりの問題となっている今、住み心地にかかわる給水設備がマンション・ビル管理における資産価値を大きく左右します。貯水槽の清掃を長期間行っていないと、内部はこのような状態になっている事が多くあります。

ノザキでは建築物の資産価値の維持を目的に貯水槽清掃をお勧めいたします。

この機会に所有者・管理者の方に貯水槽の中をご覧いただき、貯水槽の清掃と共に点検管理、水質検査等の定期的管理を行ってみませんか?

貯水槽の健康診断チェック
 
 
作業手順
 
  1、清掃前の点検確認します。

外部の損傷・劣化・汚染の状況
配管類・弁類の腐蝕・損傷・漏水の有無
揚水ポンプの運転状況

(電流値・圧力値・運転音・振動等)
定水位弁やボールタップによる停止水位の確認
   
  2、清掃用具を点検します。

消毒液(次亜塩素酸ナトリウム溶液 50〜100mg/l)
を作り清掃用具を消毒する。
   
  3、貯水槽内の水を抜きます。

ドレン管バルブを開け排水する。
排水設備に異常がないか確認する。
残水処理機で残り水を排水します。
清掃前の水質検査を実施する。
清掃前の写真を撮影する。
   
  4、高圧洗浄機で壁面を清掃します。

洗浄は槽内出入り口周辺、マンホール蓋内面、吸込管等の鉄部、天井・壁・床面の順に行う閉め切ったバルブ類を全開にして配管内の錆抜きを行い、赤水がでないことを確認する。
錆・沈砂・ゴミ等を十分洗い流す。
   
  5、消毒液の噴霧します。

清掃用具消毒用とは別に作成した消毒液
(次亜塩素酸ナトリウム溶液 50〜100mg/l)を噴霧器を使用し消毒する。
   
  6、清掃完了


清掃後の写真をとり、ドレン管バルブを閉め、市水を給水し、定水位にて給水が停止することを確認する。
揚水ポンプの確認する。
   
  7、水質検査と報告書

清掃後の水質検査を実施
後日、報告書を作成して、お客様に提出します。
 
 
車両設備
 
貯水車(貯水槽清掃車)

*用途… 貯水槽洗浄
 
 
プライバシーポリシー │ サイトマップ
Copyright © NOZAKI Co.,ltd. All Rights Reserved.